FC2ブログ
マンガライブペインター内田
漫画家になれず壁に漫画を描き始めた内田
動画はじめました
Twitterでお絵描き配信をたまにやっております
そして編集してYouTubeに投稿しましたのでよろしければ
内田バイト始めましたが元気です
スポンサーサイト



ぼっちで行ってきた~執事喫茶 前編~
その日私は気付いていなかった
1時間早い電車に乗っていることを…

相席屋でなんとか異性と会話することが出来た私は
調子に乗って次の予定を既に立てていた

「執事喫茶」

完全予約制のその店はオープンから12年もの月日が
経っているにもかかわらず現在も土日の予約は瞬殺である
だかしかし、今の私は無職、ニート、NEET
平日の真っ昼間に、お屋敷に帰宅することが可能なのだ
(※私たちお嬢様(お坊ちゃま)は執事が居るお屋敷に住んでいるのですよ)

実はこの「お屋敷」には過去に2回、帰宅したことがあるのです
しかし10年近く前の事+その時は友人とだったので今回とは訳がちがう

今回は1人でご帰宅ごめんあそばせ

初お一人様帰宅!
意外にもこのお屋敷、お一人でご帰宅するお嬢様が多く、
予約も一人席は中々取りづらかったりします
(時間によって予約出来る人数が変わる)
無事に予約をし、後は行くだけ…なんて事は無い!!!!
むしろここからもう始まっているのです
お屋敷プレイが
執事喫茶に行く醍醐味はなんといっても

お嬢様になりきる

これこれ~!!!!!これ大事~~!!!!!
煌びやかなシャンデリア、燕尾服をまとった執事(フットマン)達
その空間に溶け込むラグジュアリーな装い!!!(多分ラグジュアリーは違う)

実は初めて友人と行ったときに
ジーパン履いてアイスティー頼む
という大失態を犯していたのですが今回はそんな失敗しないモン…
(※なぜアイスティーがアレなのかは後ほど)
そのときにゴスロリをお召になったお嬢様がいらっしゃったのですが
マジでマッチしていてめちゃよかった。
黒のゴスロリと黒の燕尾服…最高…
なんでジーパン履いてるんやワイは…
いやほんと、10年経った今でもあの光景は覚えている

だから今回は私も思いっきりお嬢様ルックでごめんあそばせ!!!
と思ってウキウキしながら花柄のスカート買っていたのですが
土壇場でびびり(私生活でスカートほぼ履かない)
グレーのジャケットに黒のパンツという
リクルートお嬢様ルックで行きました。

これほんとね~~ダメだぁ~~~~~~~

そして私は電車に乗り気付くのであった
「…時計1時間見間違ってる…」
浮かれすぎだ~~~~~~~~!!!!
10年振りのご帰宅に、緊張が隠せないリクルートお嬢様
予約の時間まで1時間以上時間がある…
自然と向かう足の先は
ぶっくおふ!!!!(ここで可愛いお洋服見たりとかしないあたりアレ)
そこで「モリノアサガオ」を読み、目頭を熱くしながら時間をつぶし
いざ、お屋敷に!!!!

お屋敷は地下にあり
ひんやりとした階段を降りるとそこには
黒く艶やかな長髪を後ろで束ねた執事がひとり

「お帰りなさいませ、お嬢様」

ここから怒濤のご帰宅が始まる…
独身拗らせ行ってきた~相席屋後編~
相席BARで見事に1時間半女子会を開いた私たちの足は
すでに次の相席屋に向かっていた…

次に来たところは恐らく一番メジャーな居酒屋風の相席屋
相席屋に向かうエレベーターには同じく相席屋に向かう女の子2人組も
受付の後ろのボードに現在の男女比がマグネットで見れるようになってました
ンン~女性余ってるね~!

私たちと同時に入った2人組はそのまま席に案内され、私たちは入り口で年齢確認の為、
身分証の提示を求められました(さっきの人たちは常連だったのかな?)

で、ここで気付いたのですがこの相席屋
店員さんがことごとくイケメン
これ店員さん目当てで来る女子多いのでは…?それで余っているのでは…?
と思いました。大丈夫?男性来づらくない?ほんと、イケメンボーイパラダイス。

さて…年齢確認が終わって、扉(襖?)のある席に案内されました
ん…?なんか他の席と様子が違くない?(後にここがVIP席と知る)
と思っているうちに、店員さんが「ガララ…」と扉を開けると

おいおいおいもう居るじゃねーか異性が!!!!!

なんと既に男性2名がお待ちでありました。
てっきり後から男性が来るもんだと思っていたのでめっちゃおったまげた上に
1人がどう見てもキャバクラのキャッチみたいな風貌でおったまげが爆上げ
ひえ~こ、こわい…!と思っているうちに扉は閉められ強制的に4人部屋に。
とりあえず挨拶をして、飲み物が来たらかんぱ~い!とついに私の相席屋デビュー戦が始まったのだ…

彼らの話を聞くと、私たちの前に既に一組相席した後で、それが
初めてのクラブ前に暇つぶしで来た女子大生
だったらしく、若すぎて会話が噛み合わなかったようでめっちゃダメージ受けてた
キャッチ風の方はその間ずっとテレビ観てたって言ってた(ひどい)
いや、この人あんまりしゃべらないけどめっちゃ良い人だった

そして始まる異業種交流会
ここで社畜現役と見栄を張ってしまうクズわたし
昔やったゲームやマンガの話でかなり盛り上がる
おかしい…話が合うぞ…おや…これは…まさか…?
と、4人全員が確信を持ち始め…確認すると

同い年でしたーーーー!!!!!!

き、奇跡だ…完全にタメでした。

よくよく聞くと、彼らは若い子ばかりで話が合わないので、歳が近い人たちを希望していたとの事
(それで一発目がクラブ前の女子大生て)
なるほど、だから私たちが速攻案内されたのか!と合点。
まじお誂え向きだったのでは。いや~ほんとね、若い子ばっかりでした。
ここで若々しい男女の青春が生まれるのね~!(他人事)

そんなこんなであっという間に男性側の終電の時間になったので
そのまま一緒に駅まで行き、解散しました。

いや~初の相席屋、とりあえず相席出来て良かった!!
目的が「異性と会話がしたい」というド低ハードルだったので達成できました。はは…
ガチな出会いを求めるならR30の相席屋とおすすめされました(ガチじゃないです)

久々に異性と会話をした私たちは笑顔そのままカラオケオールという
地獄のコースへ進んでいくのであった…

独身拗らせ行ってきた~相席屋前編~
やばい…
イベント以外で異性と話す機会がまったくない
という事で友人(既婚)と行ってきました相席屋!

会社を辞めてからというもの、異性との接点が全くなくなり
(元弊社もほぼ女子しかいなかったが)
唯一会話すると言ったら宅急便のお兄さんという有様…

この悲惨な状況を友人に話したら「じゃ相席屋行こ!」という事になりました
(友人は相席屋経験者)
いやもう行くとなったらめちゃくちゃ調べましたよ
相席屋マスターと言っても過言ではあるまい

相席屋は居酒屋、BAR、ラウンジがあるようで一番メジャーなのは居酒屋かと思います
ラウンジは女性1人でも入店可能ですが、他は2人組でないと入店出来ません
基本的に女性は無料(ラウンジはチャージ料500円のみかかる)というシステム
そう…女性にはとっても嬉しいシステムなのです!
そしてこのシステム故の落とし穴が…

私たちは渋谷に決めてまずBARの方に行きました
調べたら渋谷は若い子が多いそうなのでアラサー組はびびってBARへ…
お店の前に現在の割合?が書かれていて私たちが入る前は
男性4:女性6
となっていました。女性2人が余っているようだったけどまあ、とりあえず入ろうと入りました
まさかそこで1時間半女子会開くことになるとは

そう、結局私たちの後に誰も入ってこず、先に入っていた2人は早々に引き上げていきました
4×4の男女はカラオケルーム(VIP席?)でずっとわいわいしていたのですがそれを横で聞きながら
延々友達と女子会を開くこのデビュー戦。
見かねた定員さんが話し掛けてくれました…
ていうかそもそもこの4×4も8人グループで来ていた説
カルテットデート?ダブルダブルデート?普通にカラオケ行ってくれ~~~~!!!
相席BAR 梅酒×1 ポテト×1 オムライス×1(オーダー後帰ってしまったお客さんのものをサービス)=無料
とりあえず無料で飲み食いしてお店を後にしました(なんか…すみません…)

しかしこのままじゃ帰れない!!!!!絶対異性と話したい!!!!(酷)
という事でダメ元でメジャーな相席屋に行くことになりました
ネットで全国の相席屋の現在の男女比が見れるのですが
全店舗で女性が余っている地獄絵図

女性は無料だもんね!
そしてダメ元で行った相席屋で奇跡が起こる…
ひとりでは生きていけないんだよ!!!!
DfKZwP0UEAAk4VQ_R.jpg
中々真面目に書いたご挨拶文

BDぼっち回避個展ありがとうございました!
改めまして個展有難うございました
無事に6月5日~11日までの一週間、開催することができました
本当に沢山の皆様に原画を見て頂けて、衣装ケースに詰め込まれていた原稿達も
さぞ喜んでいた事でしょう…(ごめんな…)

漫画家志望として上京し、約10年…
個展には上京してすぐに働いた秋葉原時代のお客様や漫画関係のお友達、
コスプレ仲間、地元のお友達に元同僚、デザインフェスタで知り合った方々など
本当に沢山の方に来て頂けました。
静岡から母と叔母まで来てくれたよ!

そして「誕生日にぼっちは嫌だ!」というとっても邪な気持ちで開催してしまい
申し訳ないと思うほどのあのその…差し入れとお花をありがとうございました…ポロポロ…
人生でこんなにお花をもらった事はありません…
DSC_4390_R.jpg
ちゃんと花瓶に生けてます

今回はただただ原画を見てもらいたい!という思いから始まった個展ですが
漫画家志望として過ごした日々を思い出す良いきっかけとなりました
ほんと…コテンパンにされながら持ち込みよくやってたよ…
また、人はひとりでは生きてはいない、誰かしら関わってくれているんだなと
気付かせてくれました。独身だってひとりじゃないもん!

自分はまだまだ結果を出せていませんが、個展に来てくださった方々に
なにか感じで頂けるものがあれば嬉しいな…と思います
これ誕生日の恒例行事にしても面白いな…と思いつつ…へへ
(その際は皆さん手ぶらで来てください)

漫画関係のお友達や何か目指しているものがある人たちに
「やる気もらった!」と言ってもらえたのがすごく嬉しかったです
デザフェスギャラリー個展_10_R
衣装ケースに詰め込まれていた投稿原稿たち

会社を辞めたら絶対にやろうと思い、辞めた直後(半年前)に
会場を押さえていた個展がついに終わってしまいました…
一週間、原宿で個展を開ける日が来るとは上京当時は全く思ってもいませんでした
いや、むしろ一年前の自分に言っても信じないゾ…

デザフェスギャラリー個展_7_R
巨大ライペは中々展示機会がないので個展で展示できて良かった!(でかい)

さて…上半期はこの個展を目標にやってきたところがあるので
これもう下半期どうするの?という感じですが
8月に稚内(北海道)でライブペイントしてきます!
地方遠征も目標だったので積極的に行きたいと思います!
しかしまさか国内一発目が最北端とは…
でっかいどう!!!!

そんな感じで内田はまだまだ夢の途中!
いつか勝ち組がんばるぞい!

C360_2018-06-13-17-09-57-853_R.jpg
ご来場下さった皆様、本当にありがとうございました!